【飛躍のヒント】#183 フィギュア紀平選手の失敗戦略

ことし、女子、フィギュア
スケートでシニアデビューした
紀平 梨花 選手。

すごい活躍ですね。

グランプリシリーズで、
2回続けて優勝。

シニアとしてデビュー戦で
優勝すること自体、あ
浅田真央さん、荒川静香さん、
宮原知子さんも、なしえなかった
快挙なに、

2回連続やってけたは、
かなり、大物です。

伊藤みどりさん ->
浅田真央さん と続く、日本女子
トリプルアクセル系譜を
引きついでいるは、ファン
としては、嬉しい限りです。

、紀平選手ことばを、
二回にわけて、取り上げます。

今日は、11/10、グランプリ
シリーズ第4戦(NHK杯)
ことばです。

新聞によれば、朝公式練習で、
トリプルアクセルを入念に確認し、

踏切がうまくいかなければ、

============
わざと(回転)を止め、
失敗した
============

こと。

嫌なイメージを残さないように、
主体的に失敗したそうです。

失敗することを、選んでやって
いるわけで、さすがです。

あなたは、いやなことを、つい、
避けようとして、失敗したことは
ありますか?

そして、あー、ダメだった、
と落ち込んでしまったこと。

私はあります。

そういうときは、主体的に失敗
する、という方策があります。

失敗練習をたくさんやるです。

すると、行動量が増え、
失敗が怖くなくなり、
ときどき、成功してしまうことが
起き、

あれっ、成功しちゃった!

となり、

うち、
失敗も成功も、自由自在?!

という境地に達します。

セールストレーニングで、
「30回断られる」なんてことも
やります。

2-3回断られたくらいでは、

「断られ方が足りない!」

というわけです。

紀平選手が、そういうふうに
捉えて、わざと失敗する練習を、
やったかどうかは、定かでは
ありませんが、

主体的に失敗する戦略 —

たくさん行動して飛躍するには、
おススメです。

ではまた!

坂本 夏子

ことば屋&人事屋
LABプロファイル®
マスターコンサルタント
トランスフォーメショナル・
コーチ®